わかりやすい「肩こり」の原因と対策

人の頭部の重さは、5~6kgあり、それを常に首の筋肉が支えています。


肩こりの原因の多くは、首から肩にかけて周囲の筋肉(主に僧帽筋)が硬く凝り固まることによります。特に、パソコンやスマートフォンの長時間使用を原因とするストレートネックは要注意です。


上記以外にも頻度は少ないですが、肩周囲の組織が炎症を起こしていたり、内臓の疾患が隠れていることもあります。



自覚のある症状として「肩こり」は、女性で一位、男性でも二位ということですが、私の経験からすると、自覚症状がないのに、実際に肩の筋肉の硬さを触診させてもらうと、筋硬結があり、マッサージすることによって気持ちよさを、初めて実感するかたも少なくありません。



軽症の肩こりであれば、仕事中時々、ストレッチすることで改善することもあります。


後頭部から肩や背中にかけて広がる「僧帽筋(そうぼうきん)」は、首を横や前方に曲げることでストレッチされます(手を添えるとよりストレッチされます)。また、肩甲骨の内側に付いている「大菱形筋(だいりょうけいきん)、小菱形筋(しょうりょうけいきん)、肩甲挙筋(けんこうきょきん)」などは、両手を組み、背中を丸めて前方に押しだすことでストレッチされます。


しかし、頑固な肩こりは、ストレッチだけでは改善しません。「筋硬結」という凝り硬まった部位(筋組織)を見つけ出し(これが難しいスキルです)、その筋肉の緊張をほぐすようにマッサージする必要があります。

もちろん、入浴時に温めること、低周波の電気治療、その他温熱療法、市販のマッサージ機器なども改善の効果はあります。


これまで、理学療法士、マッサージ師、中国の気功などのテクニックを見たり受けたりしてきましたが、「筋硬結」を、見つけ出すこと、そして痛みを増強せず、効果的に改善できる人は、ごくわずかしかいませんでした。



最後に、肩こりでも、整形外科をまずは受診した方がよい場合もあります。


例えば、肩こりとともに首や肩周囲の痛みが強いとか、「しびれ」がみられる場合です。

「しびれ」という症状は、頸部の神経を刺激していることによって生じているためです。


また、肩が上がらないといった「肩関節周囲炎」、「胸郭出口症候群」といった病気も時に影響していることも想定されますので、専門医の先生の受診をお勧めします。



#肩こり

#筋硬結

#マッサージ


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

「健康経営・健康投資」とは

以下の内容は、「健康経営優良法人認定制度について」(経済産業省)より引用しました。 「健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践すること。」と定義されています。 「健康投資とは、健康経営の考え方に基づいた具体的な取組。」と定義されています。 「企業が経営理念に基づき、従業員の健康保持・増進に取り組むこ

パーキンソン病患者さんのリハビリ相談(過去の実話)

昔、市役所勤務の頃、高齢福祉課の窓口相談の担当をしていたときのことです。 パーキンソン病患者さん(ご主人)とその奥様が一緒に、市役所の窓口に相談に来られました。 市立病院で、リハビリ・ドクターの診察を受けた直後の相談でした。 相談の趣旨は、そのドクターから、パーキンソン病は治らないので仕方がないといった内容の指摘を受け(実際はどうかわかりませんが、そのように理解されていました)、これからどうすれば

所在地

お問い合わせ

健康づくり “コンサルタント”

メールアドレス

consul.for.health2020□gmail.com

*上記アドレスの□は、お手数ですが、半角の@に変更して送信をお願い致します。

所在地

まちなかbizあおば

〒225-0002

横浜市青葉区美しが丘1丁目13番地10

吉村ビル107号

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com