「健康経営・健康投資」とは

最終更新: 6月14日


以下の内容は、「健康経営優良法人認定制度について」(経済産業省)より引用しました。



「健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践すること。」と定義されています。



「健康投資とは、健康経営の考え方に基づいた具体的な取組。」と定義されています。



「企業が経営理念に基づき、従業員の健康保持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へ繋がることが期待される。」とされています。



私見

 昔から市町村行政に存在する「健康教育」には、喫煙・飲酒・肥満などに対する健康指導でしたが、それはあくまで個人の健康への取組を促すための働きかけでした。


 どこまで個人が自分のこととして前向きに取り組むのかという「個人の行動変容」に焦点が当てられていたことが、私は、大きな限界があると考えています。


 もちろん個人が自分の健康について認識するよう働きかけることは重要ですが、個人に注目するのではなく、その周辺の環境も重要です。つまり、その環境というのは、他者からの働きかけや、時間や場所といった生活環境・職場環境からもアプローチすることで、個人の健康保持・増進が図られると考えています。


 それは、私が過去に行政の中で、脳卒中患者へのリハビリ教室であったり、地域虚弱高齢者への健康づくりでの関わりの中で、体験してきたことから実感していたことです。


 働き手(従業員・社員)は、一日の多くの時間を所属する会社で過ごします。もちろん、その時間にそれぞれの業務を遂行するわけですが、「職場環境」という中で、健康にむけた取組は、今後、大いに工夫の余地、大げさにいえば、「改革の余地」があるものと考えます。



#健康経営

#健康投資

#健康管理

#健康教育

#職場環境

#生活環境




3回の閲覧

最新記事

すべて表示

わかりやすい「肩こり」の原因と対策

人の頭部の重さは、5~6kgあり、それを常に首の筋肉が支えています。 肩こりの原因の多くは、首から肩にかけて周囲の筋肉(主に僧帽筋)が硬く凝り固まることによります。特に、パソコンやスマートフォンの長時間使用を原因とするストレートネックは要注意です。 上記以外にも頻度は少ないですが、肩周囲の組織が炎症を起こしていたり、内臓の疾患が隠れていることもあります。 自覚のある症状として「肩こり」は、女性で一

パーキンソン病患者さんのリハビリ相談(過去の実話)

昔、市役所勤務の頃、高齢福祉課の窓口相談の担当をしていたときのことです。 パーキンソン病患者さん(ご主人)とその奥様が一緒に、市役所の窓口に相談に来られました。 市立病院で、リハビリ・ドクターの診察を受けた直後の相談でした。 相談の趣旨は、そのドクターから、パーキンソン病は治らないので仕方がないといった内容の指摘を受け(実際はどうかわかりませんが、そのように理解されていました)、これからどうすれば

所在地

お問い合わせ

健康づくり “コンサルタント”

メールアドレス

consul.for.health2020□gmail.com

*上記アドレスの□は、お手数ですが、半角の@に変更して送信をお願い致します。

所在地

まちなかbizあおば

〒225-0002

横浜市青葉区美しが丘1丁目13番地10

吉村ビル107号

© 2023 by Nick Erickson Physiotherapy. Proudly created with Wix.com